【講座】初級10月生の課題作品プレゼン

昨年の10月に入塾してようやく半年が経つ初級生たち。

彼らの制作課題「木組みの箱」のアイデアプレゼンを1ヶ月前に行い、

3/13に、作品プレゼンを終えました。

 

課題の獲得目標は、

 ・板組の木箱の構造と加工方法の理解。

 ・制作工程の理解。

 ・機械の安全作業と加工精度。

 

==============================

この課題は、完成度の高さを求めていません。

強いていうならば、どれだけ多くの間違いをしたかということが、

次への獲得目標になるのです。

 

日中の制作実習であれだけ木工機械を使って加工していても、

自分の作品をひとつ作るとなると、まるで別のことになりがち。

つまり、我流になってしまうのです。

そのことを理解する:この半年で何ができて何が出来ていないかと

いうことを理解することがとても大切なことなのです。

 

初めて手掛けた、自分なりの「作品」。

常にそこに立ち返り、自分の姿を見直す謙虚さをみにつけて下さい。

 

 

 

==============================

この課題は、オリジナリティは求めていません。

それだけに、デザイン的な詰めの甘さは否めません。

 

今回制作した作品を、同じコンセプトで更にブラッシュアップして

みると、より良いものになりますよ。

 

自分の頭の中のイメージがカタチになるとこうなる、

ということが解るのが一つの到達目標です。

頭のイメージと作るモノのギャップを埋めてゆくことが大切です。

 

デザインを自分のものにしようとするのなら、

スケッチブックに毎日毎日繰り返しデッサンすることが必要です。