【木工修業】初級、1週間を終えて。

現場での慣れない制作実習もこれで1週間が経過。

初級生たちには、

制作実習をやりっぱなしとせずに、

自分のものとしていくために、ふり返りノートを

書くことを奨励している。書くか書かぬかは本人次第だが、

始めの1ヶ月は習慣化のために、ノートを提出してもらっている。

 

説明されたこと以上に、自分で興味・疑問を持って

書き込んでいる内容のほうが多いだろう。

 

多いと月に1冊ぐらいのペースで書き込んでいくから、

それは自分にとって木工のバイブルとなる。

 

ぜひ、書き続けてほしいものだ。