【たくみ塾通信】Cゾーンを飛び出よう!

もうすぐ連休に入ろうというのに、

たくみ塾周辺の桜はまだ固い蕾。

 

その代わりに、向かいの山々には

タウチザクラともいわれる白い花の

ニオイコブシが咲き乱れています。

 

 

さて今日のお話は、

「Cゾーンを飛び出よう!」

続きは編集後記で。

 

 

■コラム:21世紀の匠を目指せ

  »http://bit.ly/takumijuku-140421

====================

この春から、いろんな視点からブログ記事を

書き始めています。

 

コラムhttp://bit.ly/takumijuku-column

では、たくみ塾の考えていることや

目指していることについてお話しようと

思っています。

 

今回は14年前のオークヴィレッジ通信に

理事長が寄稿した記事を引っ張り出してきました。

14年も前の記事ですが、内容は古くないので、

ここに再掲しました。

  »http://bit.ly/takumijuku-140421

 

 

 

■就職・転職セミナー

「木工を仕事にするということ」

  »http://bit.ly/takumijuku-seminar

====================

春から木工を学び始めた人もいるでしょうが、

社会に出てどのような活躍をするのかも

今のうちに見据えておかなければなりません。

 

当セミナーではたくみ塾OB230名の

活躍事例を元に、シゴトとしての木工の

世界をお見せしようとするもの。

独立を目指そうと(甘い)夢を描いている

人には厳しい内容かもしれませんが、

独立を果たした50余名の事例から

ぜひ、成功パターンを読み取ってください。

  »http://bit.ly/takumijuku-seminar

 
 

■森林たくみ塾「入塾説明会」

  »http://bit.ly/takumijuku-explanatory

====================

飛騨高山のたくみ塾に見学に行くには、

高速バスで日帰りでもそれなりの費用が

掛かりますね。参加無料の入塾説明会では、

たくみ塾の木工修業について詳しくお話

致します。

  »http://bit.ly/takumijuku-explanatory

 

 

■森林たくみ塾「制作実習の見学」

  »http://bit.ly/takumijuku-tour

====================

連休の狭間だったら休みも取りやすいかと思い、

GW期間中に見学日を設けています。

往路だけでも電車でお越しいただければ、

行楽渋滞の心配がありません。

  »http://bit.ly/takumijuku-tour

 

 

■オークヴィレッジ・高山

「家具とアートギャッベのある暮らし」

  »http://oakv.co.jp/news/event/140426_gwfair2014.html

====================

 ●4/26~5/6

お子さん連れでも楽しめる、クラフト体験も

ありますよ。近くで開催の清見クラフト展

(http://bit.ly/1fjeIHJ)と合わせて、

春の清見へぜひお越しください。

 

 

 

■オークヴィレッジ・自由が丘ショールーム

「家具とテーブルのオーダーフェア」

  »http://oakv.co.jp/news/event/140426_orderfair.html

====================

 ●4/26~5/6

高山から持ち込んだ材料をご自身の目で

ご覧頂きながら、家具をご注文いただけます。

 

 

■親子で楽しむ木工イベント

  »http://ameblo.jp/karuhi325/entry-11831536037.html

====================

熊本で木工教室を始めた森川さん。

GWに、参加無料のイベントを開催の

ようですよ。

 

■編集後記

====================

最新の認知科学が言うところでは、

人間の脳みそというのは、極めてナマケモノ

なんだそうです。

あなたがなにか新しいことをやろうとすると、

脳みそは環境が変化することをとっても嫌がって、

新しいことをさせるまい、という力が働く。

 

現状維持。それが脳みそというものらしいのです。

 

現状は、あなたが置かれている状況が、

いい・わるいには関係ないんだそうです。

 

例えば、極端な例として、

あなたがなにか悪いことをして牢屋に入る

ことになったとしよう。

最初は居心地が悪くてしかたがないのだが、

長期に渡り自ら環境を変えられない状況の中で、

脳みそはその環境にいることを、よしとする。

 

 

だから、

晴れてシャバに出ることができた時、

あなた自身は嬉しいはずなのに、環境の変化が

嫌いなナマケモノの脳みそは、現状維持、

つまり自分の殻に閉じこもろうという力を

働かせる。

 

結果として、

またなにか悪さをして、牢屋に戻ることになる。

あなた自身としては嬉しくないはずなのに、

ナマケモノの脳みそとしては、自分の殻に

閉じこもることができて、幸せなんだそうです。

 

その、

脳みそにとっての快適な空間をCゾーン

(ConfortableZone)としよう。

 

貧乏人にとっては貧乏な状態がCゾーン。

不幸な人にとっては不幸な状態がCゾーン。

 

脳みそがその環境をCゾーンと思っている限り、

そこから抜け出すのは至難の業、

ということらしい。

 

ということは、

お金持ちにとってのCゾーンとは?

成功者にとってのCゾーンとは?

 

わかりますか?

あなたの理想とする環境をCゾーンとして

設定してしまえば、脳みそが自ずから

Cゾーンに収まろうという力を働かせる

ということらしいのです。

 

 

これは、最新の認知科学から分かってきた

脳みその仕組みなんだそうです。

--------------------

 

あなたの中にもありませんか?

 

お金はそこそこ稼げればいいや。

ここまでできればいいや。

   ・

   ・

   ・

 

自分で自分に引いている上限ゆえに、

それ以上成長することができないんです。

 

そういうわけで今年の新入生には、

木工修業+Cゾーンを飛び出よう!

という試みを始めているのです。