【たくみ塾通信】木工で独立するということ。

もうすぐ6月。

月日のたつのは、早いですね。

たくみ塾の2年間の木工修業も、あっという間です。

 

毎月毎月、目標を定めていますか?

そして、ふり返りをしていますか?

もしかしたら、

元旦に立てた計画を忘れていませんか?

未来は一日一日の積み重ね。

今日一日を、大切にしましょう。

 

さて今日のお話は、

木工で独立するということ

続きは、編集後記で。

 

 

■【ご案内】木工家ウィークNAGOYA2014

 荒西浩人の暮らしとしごとの”ホント”のはなし

----------------------------------------

  ┗http://woodworkers.jp/

 

大阪のgrafはご存じの方も多いでしょうね。

荒西さんは、大阪のgraf創設メンバーのひとりとして、

第一線で活躍。モノづくりを通したライフスタイルの

提案をしてきた人です。

現在は、丹波篠山で「6[rock]」というアトリエ

兼ショップを運営。grafで見てきたものとは?

丹波篠山の地に求めたものとは?

その答えにモノづくりの世界で生きていくヒントが

あるのではないだろうか。

 

grafについて興味のある方は、

ようこそようこそはじまりのデザイン

 ┗http://goo.gl/3kz3yJ

がオススメです。

 

 

■【参加者募集】木工就職/転職セミナー

 「木工を仕事にするということ

----------------------------------------

  ┗http://bit.ly/takumijuku-seminar

あなたは、モノづくりの世界に踏み出すべきかどうか
迷っていませんか?
 
  就職先はあるのだろうか?
  家族を養っていけるのだろうか?
  独立資金はどれくらい掛かるのだろうか?
  どうやって独立するのか?
  40からでも始められるのだろうか?
  どこで学んだらいいのだろう?
  何を学んだらいいのだろう?
 
でも、
悩んでいても何も始まりませんね。
結局は、やるかやらないか、しかありません。
 
それでも、
不安がつきまとって踏み出すには勇気が要りますよね。
 
そこで、
当セミナーでは、たくみ塾OB230名の活躍事例を探りながら、
  ・就職先でのスキルアップ。
     必要なのは、つくる+アルファ。     
  ・独立で目指すもの。
     独立と言っても多様なスタイルがある。
  ・生産キャパと原価。
     月に幾らぐらいの仕事をしているのか。
  ・学ぶこと。
     職人に必要なスキル。独立に必要なスキル。
  ・モノづくりの可能性
     オークグループが目指す、これからのモノづくり。
などを明らかにしてゆきます。
 
このセミナーに参加するあなたに期待している成果は、
 │リアルな現実を理解することで、
 │取り組むべき課題が明確となり、
 │モノづくりの世界で活躍する夢が
 │プランにまで落とし込めること。
 
 │あなたが思っていた以上に、
 │モノづくりの世界の広さと奥深さ、
 │そして無限の可能性を感じてもらい、
 │現在あなたが描いている以上の
 │高みに目標を描くこと。
 
決して甘い言葉でお誘いはしませんから、
自分の夢の甘さを認識してモノづくりの世界へ
踏み出すことを踏みとどまる人がいるかもしれません。
モノづくりの世界に踏み出すのか、それとも留まるのか。
判断を先延ばしにしてきたのでしたら、
このセミナーに参加して決断しましょう。
 
まだまだ席に余裕がありますから、当日参加も可能です。
何かスイーツでも買っていくつもりですので、
できれば前日までにお申し込みくださいね。
 
 
■【参加者募集】森林たくみ塾・入塾説明会
----------------------------------------
あなたは、木工技術を学びたいのですか?
それでしたら、
他の木工スクールで木工を学ぶのもいいでしょう。
 
しかしながら、
木工を仕事にしたい!
モノづくりと森づくりを通した起業をしたい!
と考えているのでしたら、森林たくみ塾の
木工修業を第一候補としてお考えください。
 
徹底した現場重視の実践教育で身に付く、
モノづくりのプロとしての即戦力。
モノづくりから森づくりまでを守備範囲に、
持続可能な社会の構築を目指す木の総合講座。
 
森林たくみ塾では、
モノづくりのチカラで、未来を切り拓く人材を
育成しています。
 
 

------------------------------

■編集後記

------------------------------

「木工が好き」「モノづくりが好き」

だから、独立したいと考える人は多いですね。

 

夢を描くのはいいのですが、

でも、よく考えてみてください。

 

独立することが目的なのですか?

  「独立を通して、何をしたいのか」

  「その先に、どんな目的を持っているのか?」

そこが大切ですよということです。

 

実は、

「手段」が「目的」化している人は

少なくありません。

 

逆に、

「目的」さえ明確ならば、

「手段」に拘る必要もなくなります。

 

------------------------------

家具工房を構えて、独立したい!

そう思うあなたは、なぜ独立したいのですか?

 

  「マイペースで仕事が出来るから。」

  「人と関わるのが嫌だから。」

  「組織で仕事をするのが嫌だから。」

 そう考えている人も少なからずいるでしょう。

 

ですが、

そうした人たちには積極的に独立をお勧めしません。

そのレベルでできる仕事は大きくはないからです。

 

文句はあっても給料のもらえる今の仕事に

必死にしがみついていたほうがいいかもしれませんよ。

 

------------------------------

「今の仕事では、自分の思っていることが出来ないから」

という理由で、木工を目指して来る人もいます。

 

聞くとそれほど規模も大きくない、

小回りの利きそうな会社だったりします。

 

では、今の仕事でできないことが、

新しく足を踏み出し、ゼロから始める木工の世界だったら、

自分の思っていることができるようになるのだろうか?

 

たくみ塾生にもこうした考えの人は多いですよ。

だからこそ、少し辛口に言っておきたい時もあるのです。