【たくみ塾通信】始めるタイミング。

飛騨清見も夏らしい季節を迎えました。

 

たくみ塾近くの小川では、

ホタルの飛び交う様子も見られます。

 

残していきたいですね、

かけがえのない自然。

 

 

さて、今日のお話は、

始めるタイミング。

 

続きは、編集後記で。

◆────── contents ──────◆

 

 

■【参加者募集】飛越源流の森づくり

 ●7/13(日) ●岐阜県高山市清見町

----------------------------------------

 >>http://bit.ly/donguri-2014summer

 

あなたが

森に足を運んだのはいつですか?

 

あなたは、

森の現状や課題を知っていますか?

知っているだけでなく、実感していますか?

 

あなたは、

森の課題に何か行動を起こしていますか?

 

森づくりからモノづくりまでを軸足に

持続可能な社会の実現を目指す活動を

しているたくみ塾では、NPOドングリの会の

森林づくり活動を支援しています。

 

飛越源流の森づくりは、毎回150名もの

参加者と一緒に富山湾へ注ぎ込む神通川の

源流域である飛騨高山の森で、森づくりを

行なっています。

たくみ塾生たちも運営スタッフとして活躍。

 

海の幸たくさんの山海汁も楽しみ。

楽しい森づくり、ぜひ皆さんもいらして

ください。

 

 >>http://bit.ly/donguri-2014summer

 

 

 

■【参加者募集】飛騨の夏祭り

 ●8/10(日) ●岐阜県高山市清見町

----------------------------------------

 >>http://bit.ly/OV-summerfesta

 

了徳寺の境内に響き渡る大太鼓の音、

爽やかな音楽とトーク。

 

オークヴィレッジが今年40週年を迎える

のを機に、10年ぶりの再開となります。

 

夏祭りといえばこの方。和太鼓独奏の

第一人者・林英哲さん、そして小室等さん、

こむろゆいさんをお迎えしての暑気払い。

 

 >>http://bit.ly/takumi-1407012

 

 

■【お知らせ】たくみ塾生募集中

 >>http://bit.ly/takumi-applicant

----------------------------------------

モノづくりを、一生の仕事にしよう!

モノづくりで、自己実現を目指そう!

モノづくりのチカラで、社会を変えよう!

 

2年間の木工修業で身に付けたチカラで、

自分の道を切り拓け!

 

選考会Ⅱ・7/27(日)の応募が7/7(月)から

始まります。願書は7/19(土)必着です。

 

 

■【ご報告】中級生の商品開発講座

----------------------------------------

 >>http://bit.ly/takumijuku-140425

 

2年間の木工修業の集大成として、

「100年後も定番!

    生活道具のニュースタンダード」

をテーマに商品開発に取り組んでいます。

 

自分の作りたいものではなく、マーケットが

求めるものをカタチにするという高い目標

設定にも関わらず、コンペで3作品に

絞り込むところまで進んできました。

 

現在は本生産前の最終プレゼンまで

来ましたよ。これからの進捗も楽しみです。

 

 

■【ご報告】初級生の商品開発講座

----------------------------------------

 >>http://bit.ly/takumi-140618

 

金沢の有名なカフェ・コラボンさんに

クライアントになってもらい、コラボンさん

の要望を聞き取りをしながら、カフェ周辺の

商品開発に取り組んでいます。

 

そろそろアイデアプレゼンの日。どんな

アイデアが出てくるか楽しみです。

 

 

■【ご報告】森林たくみ塾特別講座

      「木工の技と美」

----------------------------------------

 >>http://bit.ly/takumi-1406282

 

たくみ塾OBが何人もお世話になっている、

信州小諸の木工家・谷進一郎さんを

お招きして、特別講座を開催しました。

 

 

■【OBの活躍】63mokko

----------------------------------------

 >>http://www1.m.jcnnet.jp/63mokko/

 

木製のメガネフレームというニッチな

マーケットで頭角を現し始めました。

香港にも展開するそうですよ。

今後の活躍から目が話せません。

 

 

■【OGの活躍】つながり木工教室

----------------------------------------

 >>http://ameblo.jp/karuhi325/

 

熊本で木工教室を始めた木工女子。

モノづくりの楽しみを各地で広げています。

 

 

■【OBの活躍】スタッフ募集

       ~しもかぷ工房

----------------------------------------

 >>http://www.shimokap.com/

 

モノづくりのチカラで社会をより良くする

事例として、木工転職セミナーでも紹介して

います。

地域の未利用材に付加価値を与えて、地域の

活性化に寄与するのが彼らの使命。

いわゆる雑木を使った様々な商品開発~制作

~販売をしています。

 

NPO法人占冠・村づくり観光協会によって

2010年に設立。2014年の春には独立して

運営するまでになりました。

現在、業務拡大につき制作スタッフ募集中

だそうですよ。

 

こうしたムーブメントに続く塾生が、

もっと出てほしいもの。

 

 

■【OBの活躍】スタッフ募集

       ~木家具・川合優

----------------------------------------

 >>http://www.kawai-masaru.com/

 

西川栄明著「一生ものの木の家具と器」など

にも紹介され、若手木工作家として活躍中。

 

積極的に杉を使ったり、木工+和紙という

異素材のコラボに取り組んだりと、貪欲に

作家活動に取り組んでいます。

 

現在、片腕として活躍してくれる職人を

募集中だそうですよ。

 

 

◆────── 編集後記 ──────◆

 

「始めるタイミング。」

 

さあ、何かを始めよう!

 

そう思い立ったとしましょう。

その次はどうしますか?

 

まずは、

 

情報を集めますか?

 

知識を蓄えますか?

 

お金を貯めますか?

 

道具を揃えますか?

 

技術を学びますか?

 

それとも?

 ・

 ・

 ・

 

で、

いつ始めるのですか?

 

 

 

何かを始めるための

準備にばかり時間を掛けていても、

いつまで経っても始められません。

 

何かをやろうと思ったら、

まずやってみることから始めなさい。

 

やってみれば、結果が出ます。

結果から、課題が見えてきます。

課題から、次にやることが見えてきます。

 

やるために必要な知識は、

やりながら学んでいけばいい。

 

必要な道具も、

必要となった時に揃えればいい。

 

それが、たくみ流の考え方です。

 

現場重視の実践主義と謳っている

制作実習は、まずはやってみること

から始まります。

 

 

さてあなたが

◯◯を始めるタイミングは、

いつですか?