【OBの活躍】地域おこし協力隊として

森林たくみ塾を2009年に卒塾した小崎さんは現在、

うきは市役所 地域資源活用プランナーとして

活躍しています。

 »http://www.asahi.com/articles/ASG714HN3G71TGPB00B.html

 »https://www.facebook.com/welcome.ukiha


 

たくみ塾卒塾後は木工教室の講師を勤め、

木工職人としてもプロの腕前を持つ彼女ですが、

地域おこし協力隊として、大学で学んだ林学と、

たくみ塾で学んだ森林資源の利活用の知識と

モノづくりの技を遺憾なく発揮しています。


うきは市では、

地域おこし協力隊を募集しているそうですよ。

 »http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/10628

 

興味・感心のある方は、ぜひお問合せください。

 

--------------------

これからは、

モノづくりの視点から地域の活性化を担う

人材のニーズがより高まってくると思われます。

 

そこに、

たくみ塾生の出番があると思っています。


必要なのは、

モノづくり プラスアルファの視点ですね。

 

モノづくりそのものを目的とするのではなく、

プラスアルファの目的を達成するための

モノづくりを手段と捉えて行くと、

モノづくりの守備範囲はずいぶんと広がります。

 

 

--------------------

全国の地域おこし協力隊ご担当のみなさまへ

 

木工+地域おこし」のアプローチを考えてみませんか?

諸々ご相談に応じます。

 

お問合せは、こちらまで