製品の表情を決める、色合わせ

230個の木箱が、仕上げを終えて積み上がっていました。

手に取って底板を見たら、あまりにも綺麗に色合わせしていたので、つい写真を撮ってしまいました。

色合わせの工程は、その人の感性が現れますね。
完璧を求めすぎると、最後に行くにつれて木目の合わないものばかりが残ってしまったり、時間ばかりが掛かってしまいます。

色や木目など表情に富む無垢の木を、バランスよく組み合わせていくのは大変なことです。

今回は230個の商品の表情を作ったことになります。

スタッフから基本的なルールを教えてもらって色合わせをしていきます。
品質とスピードを問われながら、初めて色合わせをするときは緊張するもんです。

均質な素材である合板だったら、全く考えなくてもいい工程ですよね。

無垢の木には、同じ商品でも一つ一つ違う表情のものを作る楽しみがあります。

お客さんがどの表情の商品を手に取ってくれるのか考える楽しみがあります。

だから、無垢の木って面白い。