【初級森林実習】森と暮らしをつなぐ人になる。その1

初級生を対象とした森林実習を行なってきました。


本来なら森の手入れをするところですが、

朝からあいにくの雨。

いやいや、恵みの雨です(^_^)。


ならばということで、雨が小降りになるまで

しばし清見町内の巨樹・巨木巡りをすることと相成りました。


こういう時に、コンテンツの多いフィールドは

臨機応変に対応できるのです。


この樹木は、夏厩地区にある神社の裏山にそびえる杉の木。



つづいて、夏厩神社から車で10分ほど。

二本木地区の旧小学校の裏山にあるトチノキを訪れました。


遠くから見ると、その大きさがわかりませんが...


近くへ寄ると、ぉお!

おおきいっ!


木に登れたりもするんです。


今年の森林実習は、緩やか~に始まりました。


続く。