森を知るには、森を楽しむことから。

【飛越源流の森づくり2015・秋】の報告の続きです。


午後のプログラムでは、森に親しむプログラムを展開。


木の実・木の枝を使ったモノづくりを楽しむ「お木楽工房」では、

これだけたくさんの素材を用意しました。


今回のお題は、「森の動物・森の妖精」。

さて、どんな作品ができたでしょうか?



最初は子どもばかりが参加していましたが、

後から始めた大人たちも、

ついつい熱中して作っている姿がありました。


手を動かしてものをつくるって、

やっぱり楽しいものですね。


子どもと一緒にお父さんも大奮闘。


一番手前の作品は、

おちょこ片手にお酒を呑むタヌキ。

お父さんの力作です。

大人の方は、

「この実はなんの実ですか?」とすぐに聴いてきますが、

木の実の名前なんて覚える必要ありません。


モノづくりの楽しさを通して、

木の実のカタチの面白さに気づき、

そこから木や森に関心が向かってくれると

いいなぁと思います。