アイデアをカタチにする、生みの苦しみ。

 

 

初級生たちはこの8ヶ月ほどの間に、

講座で手工具を学び、

板組の木箱の制作に取り組んできました。

 

制作実習でも数百の商品を制作する中で、

経験値もかなり上がってきました。

 

講座では現在、

スツールの制作に取り組み始めました。

 

スツールの制作では、


座るという機能を追求するとともに、

脚物の基本構造としての

ホゾ組みの構造と加工方法を

実技を通して学んでいきます。

 

課題の内容が提示されてからの2週間、

それぞれに練りに練ったアイデアを持って、

スタッフによる審査に臨みました。

 

 

オーソドックスな構造のスツールで、

工程の段取りと正確な加工に取り組む者。

 

四方転びの仕口で規矩術を理解しながら

角度のある難易度の高い加工に臨む者。

 

カラクリを取り入れて遊び心のある、

動きのあるスツールに臨む者。

それぞれにアイデアを凝らしていますが、

◯◯を優先するあまりに、

△△の検討が甘い、

のように、経験の浅さから、

狭い視野に捕われがちです。

 

 

 

スタッフから、

仕口の構造は?

動荷重に対しての強度は確保できるの?

座り心地は?

加工方法は?

デザイン的なバランスは?

面の処理は?

  ・

  ・

  ・

と矢継ぎ早に質問されて、

四苦八苦の塾生たちです。

 

問題点を再検討して新たに審査に臨み、

年明けから制作に掛かっていきます。

 

--------------------

制作実習求められる

「品質・納期・原価・粗利」は、

課題制作では求めていません。

 

いいモノをつくるのが目的ではなく、

自らデザイン・設計をして、

自らの手でつくってみることで

初めて分かることを学んで欲しいのです。

 

スタッフがどんなに親心からアドバイスをしても、

無視してやってしまうこともあります。

 

失敗しないで上手に作るよりも、

失敗してようやく分かることのほうが

大きい時もありますからね。

 

そうしたプロセスを経ることで、

モノづくりの勘所が身についていきます。