組み立てて終わりではないんです。

工房では、

組継ぎの箱の制作が進んでいます。

 

組み立てを終えた木箱のウラから、

底板のズレ止めのために竹串を打ち込んでいます。

 

竹串を切り落として仕上げると、きれいですね。

 

この竹串、ホームセンターで手に入る竹串ではありません。
国産の竹でわざわざ寸法を指定して作ってもらっている

特注の竹ひごです。

 

一般的には黒頭の釘を使ったりしますが、
この商品は釘を使わないこだわりの商品なんです。

その分、手間はかかりますけどね。

 

こちらでは、

塗装前の最後の工程、手磨きに入っています。

 

面と面の重なりあう辺は、

加工した後はエッジが立っています。


 私たちは、 

エッジが立っているのを、

ピンカドって言ってます。


ピンカドだと手触りが痛いですし、

使用の際にカドが欠けやすくもあります。

 

上の写真が、ピンカドの状態。

そして、

下の写真が、糸面を取った状態。

 

スマホだといまいち状態がわからないかもしれませんね。

 

0.3~0.5mmほどに面幅を揃えて、

一箱一箱の各辺を面取りしていきます。

 

糸面は、シャープな印象を残しつつも

手触りと機能性を満たす面の処理です。

 

これだけ面幅が小さいと、

目で確認していては時間もかかりますし

何より精度が上がりません。

 

そこで、

指先で触って面幅を確認しながら

面を取っていきます。

 

指先の感覚が研ぎ澄まされますね。

 

 

木工は、組み立てまでが全工程の道半ば。

 

あともう少しで納品です。