適材適所に。

制作実習の現場では、棚に収まる抽斗の加工に入っています。

加工を担当するSくんも、今回がはじめての抽斗とあって慎重に寸法を確認して進めています。

抽斗の材料は、ホオを用いています。

抽斗の中に入れるものに影響しないように、脂やアクの出ない材料、そしてスムースな出し入れを実現するために、ソリやネジレなどの暴れの少ないおとなしい木を選んでいます。かつてはカツラを用いていましたが、近年では市場に出てくる木も少なく手に入らなくなりました。

 

飛騨高山では、朴葉味噌、朴葉寿司など、葉っぱのほうが有名ですね。山に入ればどこでも見かける木です。製材所の土場を覗いたら、調度よい太さのホオの丸太が積んでありました。

 

材料を適材適所に活用していくことで、その強みを最大限に活かすのです。



森林たくみ塾では、木という素材の魅力を余すことなく惹き出し、再生産可能な木という素材で新たな時代を創りだそうという若者を募集しています。

 

今なら、追加募集中。6月からスタートできます。

 

詳しくは、≫募集要項