森とのつながりを体感するプログラム。

森林たくみ塾では、学校団体向けの森づくりプログラムを実施している。現代生活においては日常の暮らしの中で森とのつながりを意識することは稀だろう。しかし私たちは何らかの形で森とつながって生きている。そんなつながりを、森を手入れするということをきっかけに体感してもらうプログラムだ。

まずは、針葉樹の森で、間伐デモンストレーションを行なった。

大人の胴回りはあろうかという太さの木を、子どもたちの目の前で切り倒す。森に響き渡るチェインソーの音。周りの木の枝を折りながら地面に倒れ込む木から伝わる振動。子どもたちだけでなく、先生たちにも人気のデモンストレーションだ。

 

次は自分たちで森を手入れする。

 

今回の学校さんは、森づくり+モノづくりのプログラムを実施。

森づくりで切った木や下草を使って、小枝のフレームをつくります。

今日の思いでを小枝のフレームに貼り付けて、家で使ってくださいね。

 

今回は100名の団体さん。来週は360名の団体さんですから大変ですが、子どもたちに森とのつながりを体感してもらうため。ぜひ楽しいプログラムにしたいと思います。