ブータン・プロジェクト~はじめに

 

塾長 佃正壽

 

ブータンの薬物依存を克服した若者に、

木工技術を伝えて社会復帰の後押しをしてくれませんか。

知人からのそんな1通のメールが全ての始まりでした。

 

「幸せの国」のイメージが先行するブータン。

しかし急速な近代化による歪で起こる深刻な社会的問題。

メールのやり取りを重ねるたびに、

ブータンのそんな現実が見えてきます。

 

 木でものをつくる力。
それがどれほどのことを成し遂げることができるのだろう。
仕事の力で社会的課題を解決へ導く。

いわばソーシャル事業としての使命が試される時なんだな。

そんな思いがふつふつと湧いてきたやり取りでした。

 

2年半に及ぶ枠組みづくりの末、

この春からようやく本格始動となりました。

森林たくみ塾としては、

初めての本格的海外プロジェクトです。

 

プロジェクトの枠組みは、木工道具や機械の調達を

愛知の「自立のための道具の会(以下、道具の会)」が担い、

森林たくみ塾はそこでの指導者派遣を担います。
現地はブータン国王の信頼も厚い

NGO「Chithuen Phendhey Association(CPA)」が受け皿です。

    ※その意味は「皆で心を合わせて助け合う」

 

2016年4月20日に現地へ赴いたのは、25期生の斎藤稜くん。
2015年夏に「自立のための道具の会」のワークショップに参加。

その後も、森林たくみ塾のゼミでブータンに関しての勉強会を重ね、

2016年春に指導用テキスト第一弾をまとめ上げるなど、

着々と準備を進めてきました。

 

その彼から現地レポートが次々と届いていますので、

次回以降に順次紹介していきたいと思います。

 

 

【次を読む】

【ブータン・プロジェクト/記事一覧】