ブータン・プロジェクト~作業台ができました

塾長 佃正壽

 

ブータンに到着してから4日目でもうクラスを始めた斎藤くん。

なんとも頼もしいことです。

(写真左が斎藤くん)

 

木材はブルーパインと呼ばれる針葉樹材。

画像を見る限りでは、白くて綺麗な木肌です。

 

加工に使える道具といえば、昨年の夏に「道具の会」のワークショップで、

斎藤くん自ら用意した中古の手工具類だけです。

ですから、現在の作業は全て「手作業」。本当に「手づくり」というわけです。

 

工房は壁も屋根も薄いトタン一枚だけ。出入り口が1箇所あるだけで他には窓もありません。

そんな環境でも、全く木工経験のないブータンの人たちを相手に、1ヶ月弱で作業台2台を作り上げました。

ちなみにやり取りは、ブータン行き直前に必死で勉強した片言の英語だけです。

 

そんな彼からのレポート第一弾です。

 

 

■■作業台の制作■■   斎藤稜

 

ブータンでの生活もそろそろ一ヶ月ちかくになってきました。木工のクラスでは作業台が二台組み立てまで終わりました。ブータンの人はほとんどの人が器用で熱心に取り組んでくれます。

 

今後はスツールの制作と観光客をターゲットにしたブータンのお土産の制作を進めていこうと思います。ブータンのお土産物の多くはネパールやインドで作られているそうです。いま販売を模索しているのはキーホルダーとソープケースですが、木工のクラスを補助してくれるケルケル(カエル男という意味)ことソナムさんは、お土産物についてのいろいろなアイデアを持っていて、持ち前のジョークで皆をいつも笑わせています。