小抽斗が出揃いました。

中級生の課題制作「小抽斗の制作」が終わり、写真撮影をしました。

日中の制作実習では、実際の商品の制作に携わりながら「実践的木工」を身につけます。

夜の講座では、課題制作に取り組みながら「木工の基本」を学んでいきます。

 

課題制作は、自ら全てを行ないます。

●デザイン

 :何を収める?機能性は?

●設計

 :接合部の設計は?部材寸法は?構造は?制作図面は?木取り表は?

●選材

 :樹種は?木目は?

●制作工程

 :加工順序は?加工人工数は?

●加工・組立

 :使用する機械は?使用する刃物は?加工方法は?治具は必要か?安全な作業か?

●塗装

 :塗料の種類は?塗装方法は?

 

 

塾生たちは、自らのスキルに応じて取り組むべき課題や達成目標も違います。

デザイン性はソコソコに、精度ある機械加工や手加工に臨む者もいます。

制作実習では取り組めない、漆での仕上げにチャレンジする者もいます。

嫁や家族にプレゼントするために、製品としての品質に拘る者もいます。

 

制作実習では、スタッフがお膳立てしてくれていることも多いでしょう。

 

自ら行うことで、できていないこと・理解していないことが明確になってきます。

 

さて、塾生たちは自ら設定した課題をクリアーし、達成目標に到達したでしょうか?

そして、新たなる課題を見つけたでしょうか?