サキどりに、ようびが戻ってくる!?

岡山県西粟倉村で、美しいフォルムの椅子を生み出す木工房ようびの大島さん。彼は、地域で生産されるヒノキを用いて家具を生産することで、林業と地域の活性化にも寄与しています。
彼が活躍する西粟倉村は、平成の大合併の時代に、独立をしないで独自路線を歩むことを決断したユニークな自治体です。100年の森構想を掲げた先進的な地域活性化の取り組みは、様々なメディアでも取り上げられているので、ご存知の方も多いことでしょう。

NHKサキドリで、木工房ようびが取り上げられたのが、昨年の10月。木工の限りない可能性を切り拓く、ひたむきなまでの彼の情熱に、心動かされた日本人もたくさんいたはずです。
そして、番組の再放送スペシャルで、ようびの大島さんに、再び逢えるんです。


 

サキどりを観る前に、オススメのサイトを紹介しておきます。

 

■「 季譜の里 × ようび 32 project

  ┗http://kifunosato.com/project32/

  西粟倉の森で育ったヒノキで、毎月新作イスを制作して季譜の里を彩るプロジェクト。

 

  以下のサイトは、32脚のイスを一覧でご覧いただけます。

  ┗http://plaza.rakuten.co.jp/kifunosato/diary/?ctgy=9

 

■「負けるな、ようび、愛してる

  ┗http://greenz.jp/2016/02/24/youbi_help/

  工房を火災で失うも、彼の活動に共感する人たちが彼の活動を支援。

 

■「TSUGITE PROJECT

  ┗http://tsugite.youbi.me/

  再興を目指し、次なる高みを目指す、ようび。


■2017年4月生募集中
 ┗http://bit.ly/takumi-guidance
彼だって、始めは全くの素人。
あなただって、全くの素人。
違いは、なんだろう?
あるとすれば、
自分の可能性を信じたこと。
そして、
行動に移したこと。